toggle

【ご感想】ヌードフォト

自分そのものを受け入れてる

『なんか泣けちゃう。
どれも本当素敵にありがとう~(*^^*)♪

なんか、写真をただ撮ってもらったっていう感覚じゃないんだよね。
自分そのものを受け入れてる感覚。  

そのままを受け入れるってむずかしいのに、まさこさんの写真を見てると、そのままを受け入れやすいよ。
ありがとう。

まさこさんに撮ってもらって本当に良かった。
生涯をお願いしますm(__)m。  』

『なんか、まさこさんに撮っていただいた写真は、
かわいくとかブサイクとか、そんなの関係なく、
私そのものを捉えていてくれて。

なんだか泣けてきた。

この場所の提案もまさこさん。
この場所、私がいつも元気もらう場所。
自分でいさせてくれる場所。

ありがとう。』

嫌な自分を愛すきっかけに

『裸を写真に撮られると言う初めての体験。
私は自分のことをオープンではないと感じているし、自信のある方ではないので、このセッションを受けることはチャレンジだった。
もともとMasakoさんの写真や絵が好きだったし、元ボディーワーカーであるMasakoさんだから、裸を信頼して預けられると思ったのでお願いした。
当日は思っていたよりも抵抗なく服を脱ぐことができた。
それでもやはり緊張はあった。
だけどMasakoさんの温かい雰囲気とレンズの向こうに見える瞳が私を安心させ 、セッションの終りの時間が近づくほど、私はくつろいでいき、ハートがオープンになっていった。 官能的とも言える時間だった。
このフォトセッションは、撮られている最中の体験も濃いが、出来上がってきた写真に会う瞬間もまたドキドキする。
見るのが怖いような、うれしいような、私の裸の写真。
焼き増しする写真をどれにするか、Masakoさんと一緒に選んだ。
面白かったのは、そこで私が選ぶ写真と、Masakoさんの「いい」と言ってくれる写真が全然違っていたこと。
自分の見たくない表情や、コンプレックスに感じていること(例えば顔のエラや凹凸のない体、申し訳なさそうに見える表情など)の写っている写真を、Masakoさんは良いと言ってくれた。
私の隠したいところを   鏡で見る時には見ないようにしているところを   ヌード写真は隠さずに私に見せてくれた。
そしてなぜか、あぁ、そうだよなぁ~とあたたかい気持ちで受け入れられた。
それはMasakoさんの切り取ってくれる瞬間に愛が込められていて、Masakoさんがまず私を受け入れてくれているからだろうと思う。
自分の見たくないところも、 自分の好きなところも、 ひっくるめて自分だと受け入れ愛しく思える写真は、 これからの私の宝物のようになると思う。
20年後の私はこの写真たちをどう思って見るだろう。   それもまた楽しみだ。』

本当に楽しい時間だった

 

『沢山 素敵に、写真ありがとう♡
なんか、、、とても、良い瞬間を捉えてくれて凄く、嬉しいです(≧∇≦)

あの時の開放感を、思い出して、

清々しい気分になり、ハートがほっこりしてます。(*^^*)
もう直ぐ、52歳になります。

自分のありのままの姿を

三重の海
奇跡の台風明け
3人の再開

正に 女神の3人の撮影会

一生の内の 大切な宝物

裸のまま 子供みたいに、はしゃいで、
遊んだヌード撮影になったよね。^_-☆
本当に楽しかった。

まさこちゃん
女神Photo
ありがとう♡
自分では、普段 見ない、気づかない
表情や姿 角度がいっぱい 見れて、とっても
新鮮な気持ちなんです。

 
なんだか、恥ずかしい感じもするんだけど  胸ないじゃん!とか、  傷が、、、!とか、  でも、まーいっか(笑)(≧∇≦)
その傷も小さい胸も妊娠線も私だからね^_-☆どうもありがとう
今度は、森か河原かお花畑で 撮影お願いしたいわ ~~
かっこいいパートナーもいなきゃ!って、 女の本能が勝手に、そう、思う。
又 撮影したくなるそんな、素敵なまさこちゃんの女神Photoでした。』