toggle

ほあかりについて

masako

武蔵野美術大学造形学部映像学科卒

2010年より名古屋にてヒーリングサロンを開業

ロミロミ及びクリスタルヒーリングセッションを提供、2016年出産を機に休業

2019年よりレンタルサロンにてヒーリングセッションを復帰

 

 

『ほあかり』とは、私の産土である真清田神社のご祭神『天火明命(アメノホアカリ)』から名付けました。

私自身の本名『昌子』が太陽に由来すること、そして守護神が『灯』であることも、すべて天火明命を思い起こさせます。

命を炎に例えることも多くあると思います。

私たちの内側にはたくさんの波動、響き、光というあかりがあります。 

思えば、私が美大に入りたいと願ったのも、“内側に観えるビジョンを表現したい。そしてその作品たちを通して、多くの人々のこころに灯りを灯したい”という夢からでした。

東京の美大を卒業し、作家活動をしながら同大学の職員を勤めた後、地元一宮にもどり、感じるビジョンやメッセージを伝えながら身体を癒すボディワーカーとして、また各地神社等に出向き、見えないいのちの祈りの旅をするなど、こころに灯りをともすお手伝いを約8年。

また同時にペインティングを通してこころを開放するアートセラピーや、場と人に灯りをともす“サンクチュアリーアート”を提供し、癒しとアートのお仕事をしてきました。

どの形でも、みなさんのこころの中に在る『あかり』をより明るくするお手伝いをさせていただきます。